仁科仁美 映画デビュー作で家族共演

ここでは、「仁科仁美 映画デビュー作で家族共演」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 俳優松方弘樹(65)と女優仁科亜季子(54)=98年12月離婚=の長女で、タレント仁科仁美(23)が銀幕デビュー作で初主演する。今夏公開の映画「ヒカリサス海、ボクノ船」(監督橋本直樹)で、母亜季子と兄克基(まさき、25)とも初共演。仁科ファミリー勢ぞろいで、華々しいデビューとなりそうだ。 1メートル64、上から83、60、85のスタイルで、これまでモデルとしても活躍。父方も母方も俳優家系の仁美は、デビュー5周年で銀幕デビューを果たす。 映画はすでにクランクインし、最愛の弟を失い、心に深い傷を負った奈々子を演じた。先月、茨城県で行われた撮影では、極寒の海に心中を試みるシーンにも体当たり。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億新人ながら、橋本監督とも意見を重ね合ったといい、橋本監督は「感覚というか、きゅう覚というか、彼女の生まれながらに持っているものが芝居に表れていた」と評価する。 亜季子は母親役で出演。私生活でも都内の自宅で母子2人で暮らしており、友だち感覚で恋愛の話をするというが、撮影現場ではアドバイスの一つもなかったという。 仁美は「ベテラン女優と新人として向き合いました」ときっぱり。「母は母で役にのめり込む性格で、私は私でいっぱいいっぱい。身近にいるだけで安心できる部分もありました」と振り返る。兄の克基からは「頑張れよ」と何度も励まされた。 98年12月に松方と亜季子が離婚。これを機に女優復帰した母の演技が、女優を目指すきっかけだった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1301-bec5e579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。