【今日は何の日】2000年:カルマパ17世が亡命

ここでは、「【今日は何の日】2000年:カルマパ17世が亡命」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080105-00000000-scn-cn
 2000年1月5日、チベット仏教最高指導者の1人であるカルマパ17世がチベットを脱出し、インド北部のダラムサラに到着した。

 ダラムサラには、59年のチベット動乱で亡命したダライ・ラマ14世が樹立したチベット亡命政府がある。

 カルマパは、チベット仏教の4大宗派の1つ、カギュー派のリーダー。81年にカルマパ16世が亡命先の米国で死去した後、転生者が捜索されていたが、92年に遊牧民の子であるウゲン・ティンレー少年が見つけ出され、第17世として中国政府とダライ・ラマから認定された。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億

 カルマパ17世はその後、首都ラサの北西約50キロメートルにあるツルプ寺で、厳重な警備のもとで活仏としての教育を受けていたが、1999年12月28日夜、運転手と姉、侍従と召使の数人と共に脱出した。
 
 一行は検問所を徒歩で迂回しながらネパール国境を越え、カトマンズを経由してインドに入り、2000年1月5日にダラムサラに着いた。

 新華社によると、カルマパ17世は、先代カルマパが使用していた「仏教儀式用の楽器」と「黒帽」を手に入れることを出国の目的とした置き手紙を残していたという。(編集担当:梅本可奈子・如月隼人)

■今日は何の日 2007年1月5日掲載
・ 1963年:姜文の誕生日 …実力派俳優、映画監督としても実績

■関連トピックス <  社会>コラム>今日は何の日  > <  社会>事件事故・問題>事件  > <  地域>西部>チベット  >

■関連動画  中国50箇所の映像を見る

◆遊牧民関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1299-cbe503e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。