樹木希林、市川監督に捧ぐ主演女優賞

ここでは、「樹木希林、市川監督に捧ぐ主演女優賞」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「第31回日本アカデミー賞」の授賞式が15日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、樹木希林(65)が「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の演技で主演女優賞を受賞した。13日に92歳で亡くなった市川崑監督のもとへ前日に弔問した樹木は「(市川監督が撮りたがった)80本目の映画は、続く映画人に任せるよという静かに眠るような顔だった」とあいさつし、巨匠の死を悼んだ。「東京タワー-」は作品賞など5部門を獲得した。
  ◇  ◇
 「監督はわが家の向かいに住んでたので、最後のお顔を拝見しにいきました。すごい生涯でした。あとに続くみなさんも頑張ってください」
 前日、静かに眠るような市川監督の顔から“後輩の映画人へのエール”を受けた樹木が、受賞直後の壇上で伝えた。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億
 この日、市川監督の自宅近くの教会では、親族のみで密葬が行われた。授賞式にも華やかなムードの中に、8度の優秀賞を獲得した巨匠をしのぶ雰囲気が漂っていた。冒頭で「一昨日、敬愛してやまない市川崑監督が永眠されました。本日お集まりの皆さまとともに、心より哀悼の意を表し、数々の作品とともにその偉業を讃えさせていただきたいと存じます」と書かれたアカデミー賞協会の公式コメントが映像として映し出された。
 樹木にとっては7度目の正直だった。市川監督作品の1989年「つる-鶴-」を含め、これまで6度の優秀助演賞を獲得。初の最優秀賞は本人もビックリの“主演”での獲得となった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆オダギリジョー関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1284-23aba8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
斧・琴・菊市川監督追悼で「犬神家の一族」をやっていた。 映画館にも見に行ったが、やっているとついつい見てしまう。 やっぱり前作の方がは...
2008/02/19(火) | Seh-Seh
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。