FC2ブログ

イー・アクセスとソフトバンク、オープンワイヤレスネットワークを存続

ここでは、「イー・アクセスとソフトバンク、オープンワイヤレスネットワークを存続」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イー・アクセスとソフトバンクは2月15日、オープンワイヤレスネットワーク(以下OpenWin)の出資金を、2月末までに両社以外の出資各社に返金し、両社の折半出資会社とすることを発表した。

 OpenWinは、2.5GHz帯を利用した高速無線通信サービス(BWA)の免許取得を目的とした企画会社。今回、OpenWinの株主間で出資時に締結された契約にもとづき、両社は200.5億円の出資金のうち、両社以外の6社が出資した70.5億円相当の株式を、35.25億円ずつ負担して買い取ることで、出資各社に返金する。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億両社は3月末までにOpenWinの資本金および資本準備金の合計を1.8億円に減資した上で、同社を存続させる予定だ。

 OpenWinは今後、引き続きWiMAXのMVNOに関する検討や研究を行うという。
総務大臣、KDDI陣営とウィルコムに2.5GHz帯の認定書
2.5GHz帯割り当て、当落のポイントは?――総務省の資料から
オープンなビジネスモデルで通信業界を変える――オープンワイヤレスネットワークの深田氏
【オープンワイヤレスネットワーク】に関連する最新記事はこちら
【イー・アクセス】に関連する最新記事はこちら
【MVNO】に関連する最新記事はこちら
【ソフトバンク】に関連する最新記事はこちら
【WiMAX】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)


◆ソフトバンク関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1276-1d9e1cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。