「品格」本ブームが止まらない

ここでは、「「品格」本ブームが止まらない」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2006年に『国家の品格』(藤原正彦著/新潮新書)がベストセラーとなったのを機に「品格」という言葉がもてはやされるようになった。06年の流行語大賞に「品格」という言葉が選ばれ、篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』や坂東眞理子著『女性の品格』(PHP新書)が、ともに大ヒット。その後も『品格』という言葉にあやかった『男の―』『親の―』『会社の―』『横綱の―』etc.…と『○○の品格』と題した書籍の出版が相次ぎ、その勢いは今年に入っても止まらない。

売れている『品格』本のランキング ※中段に掲載

 オリコンが昨年12月発表した『年間書籍ランキング2007』の総合1位は、坂東眞理子著『女性の品格 装いから生き方まで』(PHP新書)だった。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億昨秋の初刷では1万4000部。1月現在54刷まで増刷を重ね、240万部を突破。読者の8割が女性で、「新書は女性には売れない」という出版界の“常識”を打ち破ったことも、驚きをもって受け止められた。

 「礼状をこまめに書く」「あいさつができる」「無料のものをもらわない」「恋はすぐに打ち明けない」など、ビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで、女性としての振舞い方を具体的にアドバイス。「学校や職場でも、優秀で元気なのは女性ばかり。だからこそ、従来の男性とは異なる価値観、よき女性らしさを、職場や家庭に持ち込んでほしい」と著者は語っている。

 昨年12月には、続編『親の品格』が発売され、「悪口は言わない」「子どもの機嫌を取らない」など、親子のあり方を66例で示し、こちらも快進撃が続いている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆恋愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1261-82f592b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。