故・市川崑監督に捧ぐ・・・樹木希林、日本アカデミー最優秀主演女優賞を受賞

ここでは、「故・市川崑監督に捧ぐ・・・樹木希林、日本アカデミー最優秀主演女優賞を受賞」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080215-00000020-oric-ent
 女優の樹木希林が15日(金)、都内で行われた『第31回日本アカデミー賞』の授賞式に出席した。映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で最優秀主演女優賞を受賞した樹木は、先日肺炎のため死去した映画監督の故・市川崑さんに「弔問に行ったとき、『(撮れなかった)80本目の作品は後に続く映画人に任せたと』仰っていました」と偉大なる巨匠に哀悼の意を表した。

その他の受賞作品・受賞者一覧

 息子であるボク(オダギリジョー)を無償の愛で包む心優しい母親役を自然体で演じた樹木は「リリー・フランキーさんの原作があってのもの。その原作をひとつも超えられず不甲斐なく思っています。主演女優賞なんてとんでもない! でもせっかく貰ったので頂いておきます」と独特の言い回しで喜びを表現。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億今作で実現した愛娘の内田也哉子との共演については「特に何もありません。“そんなのカンケーねぇー!”という感じです」と小島よしおのギャグで照れ隠しをしていた。

 また先日、肺炎のため92歳で死去した映画監督の故・市川崑さんについては「映画を愛し、79本も映画を撮り続けてきた崑さん。弔問で御前に座ったとき『80本目は後に続く映画人に任せた』と仰っていたように思います」と語り、「この『日本アカデミー賞』が名実共に素晴らしい賞になっていくことを願っています」と感極まった表情で語っていた。

■関連記事
2008年(第31回)日本アカデミー賞 主な優秀賞 (08年02月15日)
2008年(第31回)日本アカデミー賞 新人賞受賞者一覧 (08年02月15日)
日本アカデミー賞、最優秀作品賞は『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (08年02月15日)
オダジョー、最優秀主演男優賞の落選は奇抜なメイクのせい!? (08年02月15日)
ガッキーが日本映画界のショーレースを席巻! (08年02月15日)

◆オダギリジョー関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1257-0b943e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。