FC2ブログ

オダジョー、最優秀主演男優賞の落選は奇抜なメイクのせい!?

ここでは、「オダジョー、最優秀主演男優賞の落選は奇抜なメイクのせい!?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 俳優のオダギリジョーが15日(金)、都内で行われた『第31回日本アカデミー賞』の授賞式後に会見に応じた。主演映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が最優秀作品賞を含む5部門を受賞したが、自身の最優秀主演男優賞は惜しくも受賞ならず、この日、目の周りを黒いアイシャドーで包んだ奇抜なメイクで登場したオダギリは「こんなことやってるから獲れないでしょうね~」と自身の落選理由を明かした。

その他の受賞作品・受賞者一覧

 『東京タワー~』は、最優秀作品賞を含め最優秀監督賞、最優秀脚本賞など計5部門を受賞。オダギリは「(受賞は)まったく思ってなかったのでビックリした。作品に関わったことを光栄に思います」とニッコリ。
>>ネットワークビジネス詳細はコチラ

>>投資情報←初心者が簡単に20万が1億今作では、女優の樹木希林とその愛娘である内田也哉子の共演が話題となったが、オダギリは「人の演技は分からないですけど、存在感が凄いので全てが魅力的。そこに芝居が乗っている感じだと思う」と好評価。

 また、取材陣から奇抜なメイクについて振られると「今日は胃が痛くてそれをアピールしたくてこのメイクなんですけど、毎回こんなことやってるから(最優秀主演男優賞を)獲れないんでしょうね~」と落選理由を語り、笑わせていた。

■関連記事
2008年(第31回)日本アカデミー賞 主な優秀賞 (08年02月15日)
2008年(第31回)日本アカデミー賞 新人賞受賞者一覧 (08年02月15日)
日本アカデミー賞、最優秀作品賞は『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 (08年02月15日)
故・市川崑監督に捧ぐ…樹木希林、日本アカデミー最優秀主演女優賞を受賞 (08年02月15日)
ガッキーが日本映画界のショーレースを席巻! (08年02月15日)
(引用 yahooニュース)


◆オダギリジョー関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://renaiyuubokumin.blog122.fc2.com/tb.php/1253-ce36427c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。